『Desespoir agreable』 Ky(キィ)

“少なくとも音楽には国境は要らない” エリック・サティが託したヴィジョンが生誕150年の年に再生する。旅する音楽ユニットKy ─ 仲野麻紀とヤン・ピタールが奏でる、これが21世紀のボーダーレス・ミュージック!

Ky(キィ)は、パリ市立音楽院ジャズ科の同窓生、仲野麻紀 (alto sax, metal-clarinet, vocal)とヤン・ピタール (oud, guitar) によるユニット。自然発生的な即興演奏を軸に、エリック・サティの楽曲を自由自在に演奏。『Ky』とは、フランス語でのフォネティック [ki] = Qui “誰” という意味と音を持ちます。日本語のフォネティック [キ] にも、 たくさんの意味があります。木、気、季、希、樹、己、期...etc.
10年間演奏してきたサティの楽曲から選りすぐりの5曲を収めたPart 1と、Kyの演奏の軸となる即興演奏をベースとしたオリジナル曲と伝統曲のPart 2で構成された本作は、フランス・ブルターニュ地方にある古い教会でレコーディングされ、心地よい残響空間の中で二人の微細な息遣いまでをもらすことなく収録。各々の音は出会い、まず、今この生きた空間での即興をコンセプトに、エリック・サティの作品を様々な楽器で演奏します。

演奏者は旅し、音楽も聴き手と共に旅をする。
それは、~musique vagabonde~ 旅する音楽。

■アルバム概要
Désespoir agréable(心地よい絶望)
演奏:Ky(仲野麻紀、ヤン・ピタール)
収録:2016年6月13日-21日 フランス・プリエー修道院礼拝堂

■収録曲
Part 1:
1.Première Gnossienne(グノシエンヌ1番)
Véritables préludes flasques (pour un chien)(ぶよぶよした本当の前奏曲〔犬のための〕)
2.Sévère réprimande(叱られて)
3.Seul à la maison(家でひとりぼっち)
4.On joue(お遊び)
5.Désespoir agréable(心地よい絶望)
Danses de travers (Pièces froides)(ゆがんだ踊り〔冷たい小品〕)
6.Ⅰ
7.Ⅱ
8.Ⅲ
9.La diva de l'Empire(エンパイア劇場の歌姫)
Part 2:
10.Bleue(ブルー)
11.Un oeil, une histoire(ひとつの眼、ひとつの歴史)
12.Improvisation pour un cachalot échoué(即興演奏 マッコウクジラの座礁)
13.Laridenn Billiers(ビリエ村のラリデン)
14.Bint el Shalabiya(ビンテルシャラビーア)
15.Improvisation pour Monsieur Y(Y氏のための即興演奏)

■アルバム概要
Désespoir agréable(心地よい絶望)
演奏:Ky(仲野麻紀、ヤン・ピタール)
収録:2016年6月13日-21日 フランス・プリエー修道院礼拝堂

■ジャケットについて 今回はカリグラフィ・アーティストの浅岡千里氏を起用。カリグラフィの筆記スタイルは、日本や中国の書にインスパイアされた、ジェスチュラル・ライティング(Gestural writing)というスタイルで、踊りのような運動性のある線が特徴的です。ごぞんじの通り日本語は表意文字なのに対し、アルファベットは多言語に共通する音を表現する記号のようなもので文字自体は意味を持ちませんが描き方で表現性が変わります。
フランス、日本を中心に自分たちのアイデンティティを辿るように、音世界を自由に往来する旅する音楽Kyのコンセプトも踏まえてデザインしました。混沌と、しかし静寂な、美しい空気をスモークブルーグレーの背景に、今回のアルバムのイメージでもある「たゆたう」音世界を文字で表現しました。

OTTAVA records 第5弾
OTVA-0010 (2016年9月22日リリース)

¥ 2,786

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。